2010年02月05日

航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)

 31日午後7時ごろ、成田国際空港のA滑走路(4000メートル)で、離陸のため滑走していたオークランド行きのニュージーランド航空90便(ボーイング777−200型、乗員13人・乗客296人)が急停止した。主脚のブレーキが過熱し、タイヤから煙が出たため、消防車が放水した。けが人はなかった。

【JALのボーイング777−200】

 国土交通省成田空港事務所などによると、同機は滑走路の北端付近の誘導路まで自走して停止。12本ある主脚のタイヤがすべて損傷していた。乗客の新潟県の主婦、片岡治子さん(68)によると、機内アナウンスで、「コックピットで異常を示す警報ランプが点灯して急ブレーキをかけたらパンクした」と説明があったという。

 乗客は午後10時半ごろまで機内で待機した後、バスでターミナルに移動し、千葉県成田市内のホテルに宿泊した。【山田泰正】

【関連ニュース】
航空機部品落下:エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田
羽田空港:システム障害、210便に欠航や遅れ
羽田空港:管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す

<放送法改正案>免許付与、現行を維持 設備と制作一体で(毎日新聞)
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ 厚労省部会で合意 (産経新聞)
米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡−連続不審死・埼玉県警(時事通信)
子育て支援策 「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)
posted by クマノ マサハル at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。