2010年01月16日

<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)

 宮城県塩釜市の塩釜神社が寅(とら)年にちなんで作った「いきおい守」が年初から人気で、用意した1万個が連休最終日の11日に品切れになる珍事に。神社は急きょ、3000個の“増産”に入った。

 お守りは縦4センチ、横6.5センチ。財布を思わせる横形で800円。トラの親子が描かれ、金色のトラのミニチュア細工も付いており、「トラの勢いにあやかり、不景気を吹き飛ばそう」との願いを込めた。

 ロングセラーになっている8年前の「ウマくいく守」以来のヒットになりそうで、神社側はうれしい悲鳴。その半面、「それだけ世情が深刻になっている証拠では?」と心配している。【渡辺豊】

インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
新成人が佐世保市長にヤジ「一発芸しろ」(スポーツ報知)
首相動静(1月10日)(時事通信)
<雑記帳>名波さんの引退試合に90年代の豪華メンバー(毎日新聞)
posted by クマノ マサハル at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)

 国庫補助金受給などに絡み、ソフトウエア開発会社から現金を受け取ったとして、滋賀県商工観光労働部管理監古川久巳容疑者(56)が収賄容疑で逮捕された事件で、当時ソフトウエア開発会社に勤務していた古川容疑者の息子の銀行口座に、同社からの現金が振り込まれていたことが14日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 古川容疑者は、県東京事務所副所長だった2005年4月下旬ごろ、「グリーン近江農協」が米の栽培履歴を管理するシステムの受注に関し、同社に便宜を図り、国庫補助金受給について有利な取り計らいをした上、税の優遇措置などが受けられる県の経済振興特別区域事業に同社が関与する「滋賀総合物流センター(SILK)」が認定されるよう便宜を図り、見返りに同社社長から現金約850万円を受け取ったとして逮捕された。
 捜査関係者などによると、システム導入代金として農協から同社に約1億円が支払われたのと同時期に、同社から古川容疑者の息子名義の口座に現金が振り込まれたという。 

【関連ニュース】
滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円
入管汚職、再発防止に全力=千葉法相
統括審査官らを送検=東京入管汚職
東京入管統括審査官を逮捕=580万収賄容疑
桑名市主査を起訴=加重収賄罪で

こんなサラリーマンは嫌だ!
まさあきのブログ
カメラマンのお仕事
こういちのブログ
きよはるのブログ
posted by クマノ マサハル at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。